国民健康保険税

国民健康保険税 国民健康保険(国保)へ加入すると、様々な給付が受けられます。例えば、国民健康保険に加入している皆さんが病気やけがをしたとき、医療費の7割(注意)が保険給付費として国民健康保険から支払われるため、窓口負担が少なくすみます。

国民健康保険は、加入者の皆さんが納める国民健康保険税(国保税)のほか、国・県・町からの多くの公費等を財源として、厳しい運営を支えている状況が続いています。

国保税は、お互いの助け合い制度のもと、加入者の皆さんに公平、平等に負担していただくものです。

注意:義務教育修学前までは8割、70~74歳(現役並み所得者を除く)は8割

国保税の試算について

下記の国保税概算計算表をご活用ください。

 

国民健康保険税の各種制度について

軽減・減免について

・旧被扶養者に係る減免

被用者保険に加入していた方が後期高齢者医療制度に加入し、被用者保険の被扶養者から国民健康保険の被保険者となった方が加入時点で65歳以上である場合、保険税が減免されます。(申請が必要です)

・国民健康保険税の減免

1 貧困により生活のため公私の扶助を受ける者又はこれに準ずると認められる者

2 当該年において、所得が皆無となったため生活が著しく困難となった者又はこれに準ずると認められる者

3 前2号に掲げる者以外の者で特別の事情がある者

(申請が必要です)

この記事に関するお問い合わせ先

町民課 税務班

〒017-0292
秋田県鹿角郡小坂町小坂字上谷地41-1
電話番号:0186-29-3904
ファックス:0186-29-3728

更新日:2019年04月01日