70歳以上の人の医療

   70歳になると医療費の自己負担割合が軽減されます。自己負担割合が掲載されている「高齢受給者証」が交付されますので、病院にかかるときは忘れずに提示してください。

   なお、75歳になると国保から「後期高齢者医療制度」に移行します。

○対象となるとき

   70歳になる月の翌月(1日が誕生日の人はその月)から対象となります。

○お医者さんにかかるとき

   病院の窓口に「国民健康保険高齢受給者証」と「保険証」の両方を提示します。窓口で支払う一部負担金は以下のとおりです。

窓口で支払う一部負担金一覧
一般・低所得II・I (平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎えた方) (注意) 1割負担
一般・低所得II・I (平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎えた方) 2割負担
現役並み所得者 3割負担

注意:70歳から74歳の方の窓口負担は法律上2割となっていますが、特例措置で1割となっています。

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

町民課 町民生活班

〒017-0292
秋田県鹿角郡小坂町小坂字上谷地41-1
電話番号:0186-29-3928
ファックス:0186-29-3728

更新日:2019年04月01日