戸籍がコンピュータ化されます!

小坂町では戸籍事務の迅速性、正確性の確保と住民サービスの向上のため、小坂町に本籍を有する方の戸籍をコンピュータ化し、平成25年1月26日から運用を開始しています。

1.戸籍の電算化とは?

   戸籍制度は私たちの身分関係を証明する制度として、明治時代に始まり現在まで続いています。

これまでの戸籍は和紙を用い、手書きまたはタイプライターで作成されてきましたが、すべてが手作業のため、戸籍の届出から届出の記載を終えるまで数日を要していました。また、窓口で発行する証明書の発行にも手数と時間を要していました。

そこで、正確性の確保と迅速性を確保する目的で平成6年に戸籍法の一部が改正され、戸籍事務をコンピュータで取り扱えるようになりました。今では、全国の約9割を超える自治体で戸籍事務をコンピュータで行っています。

戸籍事務は、コンピュータを利用することにより、戸籍の作成から証明書発行までの時間が大幅に短縮されます。

2.戸籍の電算化による主な変更点

戸籍の電算化により、戸籍証明書の用紙や様式、名称等が変更されました。

A4サイズとなるうえ、記載事項が項目化され見やすくなりました。

戸籍電算化に伴う手数料の変更はありません。
電算化前  電算化後 手数料 
戸籍謄本(全員) 戸籍全部事項証明書 450円 
戸籍抄本(個人) 戸籍個人事項証明書 450円
除籍謄本(全員) 除かれた戸籍の全部事項証明書 750円
除籍抄本(個人) 除かれた戸籍の個人事項証明書 750円

 

縦書きから横書きになり、B4・B5サイズからA4サイズになりました。

白紙から偽造防止用紙になりました。

戸籍の氏名は正字等に引き直しされました。

 証明書の交付申請の際は、これまで同様に本人確認書類(運転免許試験場など)の提示が必要です。

改製原戸籍を請求しないと証明できない内容があります。

平成25年1月以前に死亡、婚姻、離婚などによって戸籍から除かれた方

平成25年1月以前に離婚、養子離縁をしたこと

平成25年1月以前に誰かを認知したこと、養子にしたこと

平成25年1月以前に帰化をしたこと

これらの証明が必要な方は、改製原戸籍を請求することとなる場合があります。

改製原戸籍の証明書を請求する場合は「1通 750円」となります。

(旧)戸籍謄本のレイアウト (JPG,31.65KB)

(新)全部事項証明書レイアウト (JPG,40.58KB)

この記事に関するお問い合わせ先

町民課 戸籍・住基担当(窓口)

〒017-0292
秋田県鹿角郡小坂町小坂字上谷地41-1
電話番号:0186-29-3906
ファックス:0186-29-5482

更新日:2019年04月02日