色合い 色合い:標準 色合い:黒 色合い:黄 色合い:青
日本語 英語 組織から探す

文字のサイズ 文字のサイズ:小 文字のサイズ:中 文字のサイズ:大 文字のサイズ:特大

Vol.11 小坂村の眺望


重兵衛集落東側の高台から毛馬内方向の眺望を描いたスケッチです。画面手前を静かに流れるのは小坂川。上流部には、現在の「渡ノ羽」付近から「重兵衛」へと渡るための粗末な橋がかかっています。右手山際には、中小坂あたりなのか茅葺き屋根の家並みも見えます。その手前に見える木立は、小坂村の鎮守として信仰されていた新山堂(出羽神社の前身、新町にあった)の森でしょう。左手には煙見山がそびえています。現在の小坂町中心部は、まったくの荒地のようです。
このスケッチには、明治7年5月20日と日付が記されています。クルト・ネットーが小坂へ来て初めて体験する日本の春でした。

ページトップへ

このページに関する情報
このページに関するお問い合わせ
総合博物館「郷土館」
〒017-0201
秋田県鹿角郡小坂町小坂字中前田48-1
電話:0186-29-4726
FAX:0186-29-2207