色合い 色合い:標準 色合い:黒 色合い:黄 色合い:青
日本語 英語 組織から探す

文字のサイズ 文字のサイズ:小 文字のサイズ:中 文字のサイズ:大 文字のサイズ:特大

誕生
旧小坂鉱山事務所の誕生

  「旧小坂鉱山事務所」の誕生は、小坂鉱山近代化の歴史に深くかかわっています。
  江戸時代も幕を引こうとしたころ発見され、明治時代の近代化の息吹とともに躍動を始めた小坂鉱山。
後 に日本鉱業界の父と呼ばれた大島高任や「お雇い外国人」として日本鉱業界をリードしたクルト・アドルフ・ネットーらに支えられ、明治初期の「富国強兵」「殖産興業」政策に貢献した小坂鉱山。
 その流れは、明治17年(1884)に払い下げを受けた藤田組にも引き継がれ、主要鉱山の地位を確立します。そして迎えた明治30年代、土鉱とよばれた鉱石が底をつき沈滞期を迎えていた小坂鉱山に「黒鉱自溶製錬」の成功は、新たな活気をもたらしました。その起死回生にたずさわった技術者たちが、その後の日本鉱業界に大きな影響をおよぼすこととなります。
 そんな順風満帆の時代、小坂鉱山を、新時代のリーダーに発展させたいという藤田組の強い意志があり、明治38年(1905)に巨費を投じて豪壮華麗な「旧小坂鉱山事務所」は建設されたのです。まさに旧小坂鉱山事務所は日本一の大鉱山のシンボルでもあったのです。





小坂鉱山の歴史(発見~最盛期頃)

文久元年(1861) 小坂村農民小林興作、小坂鉱山(8/15)・相内鉱山発見。上小坂の小笠原甚左衛門らの協力を得て稼行する。
慶応2年(1866) 大島高任が小坂鉱山を調査(4/9到着)。 南部藩に「希有の良山」と報告。
慶応3年(1867) 慶応3年(1867) 南部藩が大島高任に小坂鉱山の開発を命じる(1/17)。
藩営小坂鉱山に大島高任赴任、本格的な開発計画を立てる。
慶応4年(1868) 戍辰の役。南部勢秋田領へ侵入(8/9)。小坂鉱山の開発は中断し、荒廃に帰す。
明治元年(1868) 「明治」と改元(9/8)
明治3年(1870) 小坂鉱山の官営再開により、大島高任鉱山権正赴任(2/15)精錬所の再開を図る。
明治4年(1871) 大島高任、岩倉具視の随員となり、ドイツの鉱山を視察、新製錬法を知る。
明治6年(1873) 大島高任視察から帰国、間もなく小坂を去る。入れ代わりにドイツ人技師クルト・ネットー赴任、新製錬への転換へ着手。
明治10年(1877) 南部家が政府から借用して小坂鉱山を経営する(7/~)。
明治13年(1880) 南部家小坂鉱山を返上、第二次官営となる(6/1)。
明治14年(1881) 大島高任によって、小坂鉱山オーガスチン収銀法を採用。
明治17年(1884) 藤田組へ小坂鉱山・十輪田鉱山払い下げ(9/18)。
明治18年(1885) 小坂鉱山、藤田組の経営で操業開始。
明治19年(1886) 仙石亮、小坂鉱山技長(翌年初代所長)。
明治25年(1892) 相内石灰山採掘。
明治26年(1893) 十輪田鉱山休山。
明治29年(1896) 小坂鉱山の用水工事(砂子沢川~元山間)完成(3/~)。
明治30年(1897) 銚子第一発電所の送電により、鉱山に電灯がつく(夏)。
明治33年(1900) 黒鉱自溶製錬試験に成功し、新製錬所の大工事が行われる。
明治34年(1901) 七滝地区に煙害問題が起こる。
明治35年(1902) 小坂鉱山黒鉱自溶製錬本格操業(6/~)。
小坂鉱山は、足尾・別子とともに日本三大銅山と称される。
明治37年(1904) 小坂鉱山坑外全般に電車開通。
明治38年(1905) 小坂鉱山上水道完成(10/~)。
小坂鉱山事務所竣工。
明治40年(1907) この年度における小坂鉱山の生産額は日本一(当時の秋田県「歳入決算額」の八倍強)を記録。


小坂鉱山に関わった技術者たち

大島 高任(おおしま たかとう) (1826~1901)
南部侯待医、大島周意の長男として生まれ、長じて江戸、長崎で蘭学を修め、後に水戸藩の反射炉、製鉄溶鉱炉を建設しました。
慶応2年小坂銀山が藩営になると製錬所の建設、戊辰戦争後の官営時には鉱山正権として熔鉱炉や英国式分銀炉を設けて洋式製錬を始め、南部家経営を経て、2次官営時にはオーガスチン法を実施して銀の生産を上げ、そして藤田組への払い下げに際しては、小坂鉱山局長として指導にあたりました。
退官後は日本鉱業会長を務た、我が国の鉱業界の大恩人です。
クルト・アドルフ・ネットーCurt A.Netto) (1847~1909)
ザクセンのフライベルク(現ドイツ)に生まれ、同地の鉱業大学を卒業。
一時軍に服しましたが、日本政府に招かれて、鉱山冶金技師として小坂鉱山に赴任(明治6年12月~明治10年6月)。
阿部知清、笹木他三郎等の協力で我国最初の湿式製錬(銀はチャフォーゲル法、銅はハント・アンド・ダグラス法)を実現しました。
その後東京大学教授(明治10年10月~明治18年2月)として我が国の鉱業近代化に寄与した功績は大きく、また水彩画を多数残しています。
久原 房之助(くはら ふさのすけ) (1869~1965)
山口県萩市の生まれで、慶應義塾本科卒。
明治24年藤田組に入社して小坂鉱山に赴任、明治30年29歳で事務所長心得となりました。
当時の小坂は土鋼が少なくなって閉山の運命にあったのを、銀山から銅山として復興させるため、多くの人材を集めて黒鉱製錬に打ち込み、33年遂に黒鉱の自熔製錬に成功、今日の基礎を築きました。
38年藤田組を退社して日立鉱山を経営、久原鉱業(後の日本鉱業)、日本汽船等を創設、また、政界に入って政友会総裁、逓信大臣を務めました。
小平 浪平(おだいら なみへい) (1874~1951)
栃木県都賀町合戦場の生まれで、東京帝国大学工学部電気工学科を卒業しました。
明治33年藤田組入社、小坂鉱山の電気主任技師として、水路・変電所・発電所・電気鉄道・電灯設備などの建設、鉱山と地域社会の近代化に貢献しました。
明治37年に日立鉱山に移り工作部門で活躍され、後に日立製作所を創設しました。
武田 恭作(たけだ きょうさく) (1867~1945)
明治30年藤田組大森鉱山(島根県)から精鉱課長として来山し黒鉱製錬の研究、32年に技師長として欧米を視察、33年に黒鉱自熔製錬法に適した開頂式熔鉱炉の開発に成功、38年に特許(第8553号「双外床式長形熔鉱炉」、第8628号「無蓋式長形熔鉱炉」)を得ました。
明治37年に3代目の小坂鉱山所長となりましたが、翌年藤田組を退社し、武田鉱業本店(後の大日本鉱業)を創設、椿鉱山(現秋田県八森町)や加納鉱山(福島県)を経営しました。

 

ページトップへ

このページに関する情報
このページに関するお問い合わせ
小坂鉱山事務所
〒017-0202
秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字古館48-2
電話:0186-29-5522
FAX:0186-29-5526