後期高齢者医療給付 小坂町役場

色合い 色合い:標準 色合い:黒 色合い:黄 色合い:青
日本語 英語 組織から探す

文字のサイズ 文字のサイズ:小 文字のサイズ:中 文字のサイズ:大 文字のサイズ:特大

後期高齢者医療給付

後期高齢者医療制度では、病気やけがで病院にかかったときの医療費などの様々なサービスが受けられます。

○申請をしなくても受けられる給付サービス
 
病気やけがの治療を受けたとき(療養の給付)
 
病気やけがで病院にかかるときは、自己負担がかかった医療費の1(現役並みに所得がある方は3)で医療を受けられます。

 
入院したときの食事代(入院時食事療養費)
 
入院したときの食事代は、定められた金額を自己負担していただき、それ以外の食事療養費は、広域連合が負担します。

所得区分

入院時食事代の定められた金額
(
一食当たり)

現役並み所得者(課税所得が145万以上)
一般

460

区分II(1)

90日までの入院

210

過去12ヶ月で
90
日を超える入院

160

区分I(2)

100

 ※1 区分II・・・世帯の全員が住民税非課税の人。(区分I以外の人)
 
2
区分I・・・世帯の全員が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費控除を差し引いたときに0円となる人。(公的年金等控除額は80万円として計算します)
 
◎区分IIIの適用を受けるには、「限度額適用・標準負担額減額認定証」の申請が必要となります。

 
療養病床に入院したときの食事代・居住費(入院時生活療養費)
 
療養病床に入院したときは、定められた食費と居住費を自己負担していただき、それ以外は入院時生活療養費として、広域連合が負担します。

所得区分

費・居住費の定められた金額

一食当たり
の食費

一日当たり
の居住費

現役並み所得者(課税所得が145万以上)
一般

460

370

区分II

210

370

区分I

130

370

区分I(老齢福祉年金受給者)

100

0

 
○訪問看護を受けたとき
医師の指示による訪問介護の利用については、医療と同様に1割の自己負担(現役並み所得がある方は3割負担)で受けられます。

○申請が必要な給付サービス
 
治療用のコルセットや補装具など全額自己負担したとき
 
医師の指示で治療用のコルセットや補装具等を購入した際、一度全額負担したものを療養費として申請していただくと、9(または7)の払戻しを受けることができます。

申請に必要なもの

・医師の診断書
・コルセット等補装具の領収書
・印鑑
・金融機関の通帳


 
やむをえず保険証を使わずに受診したとき
 
急病などで保険証を使わずに病院にかかり、窓口で全額自己負担した際、申請して認められれば、9(または7)の払戻しを受けることができます。

申請に必要なもの

・全額自己負担した際の領収書
・印鑑
・金融機関の通帳


 緊急の入院や転院で移送が必要になったとき(移送費の支給)
 
やむを得ない理由で医師が認めた入院、転院などで移送の費用がかかったとき、広域連合が必要と認めた場合に移送費が支給されます。

申請に必要なもの

・移送の際に支払った領収書
・印鑑
・金融機関の通帳


 1ヶ月に支払いした自己負担額が高額になったとき(高額療養費の支給
)
 1ヶ月に医療機関に支払った自己負担額が限度額を超えた場合、限度額を超えた分が高額療養費として支給されます。一度申請書を提出していただくと、該当した際、自動的に届出された振込希望口座に支給されます。

区分

高額療養費の自己負担限度額基準表

自己負担限度額
(
外来分)

自己負担限度額(入院)
(
入院と外来が複数あった場合は合算します)

現役並み所得者
(
課税所得が145万以上)

57,600

80,100+(かかった医療費-267,000)×1%

一般

14,000
(
年間上限144,000)

57,600

区分II

8,000

24,600

区分I

8,000

15,000

※現役並み所得者および一般所得者は直近12か月以内に世帯単位(外来+入院)の限度額を超える高額療養費の支給月額が4か月以上ある場合には、4か月目からは限度額が44,400円に軽減されます。

ページトップへ

このページに関する情報
このページに関するお問合せ
町民課 町民生活班
〒017-0292
秋田県鹿角郡小坂町小坂字上谷地41-1
電話:0186-29-3928
FAX:0186-29-3728