高額療養費 小坂町役場

色合い 色合い:標準 色合い:黒 色合い:黄 色合い:青
日本語 英語 組織から探す

文字のサイズ 文字のサイズ:小 文字のサイズ:中 文字のサイズ:大 文字のサイズ:特大

高額療養費

〇医療費が高くなったら(高額療養費)
国保の加入者が医療機関にかかり、1ヶ月の自己負担が高額になったとき、国保の窓口へ申請することにより、自己負担限度額を超えた額が高額療養費として払い戻されます。
「限度額適用認定証」(上位所得者・一般)「限度額適用・標準負担額減額認定証」(住民税非課税)を提示することで、医療機関への支払いが自己負担限度額までとなりますので、町民課町民福祉班で申請をしてください。

〇70歳未満の人の自己負担限度額
同じ人が、同じ月内に、同じ医療機関に支払った自己負担額が限度額を超えたとき、超えた分が支給されます。
または、一つの世帯内で、同じ月内に、21,000円以上の自己負担額を2回以上支払った場合、それらを合算して限度額を超えた分が支給されます。

所得区分

総所得金額等

3回目まで

4回目以降 ※

上位所得者

901万円を超える

252,600円
+(医療費-842,000円)×1%

140,100円

600万円を超え
901万円以下

167,400円
+(医療費-558,000円)×1%

93,000円

一   般

210万円を超え
600万円以下

80,100円
+(医療費-267,000円)×1%

44,400円

210万円以下

57,600円

44,400円

住民税非課税世帯

35,400円

24,600円

※過去12か月間で、同じ世帯での支給が4回目以降の限度額

〇70~74歳の人の自己負担限度額

所得区分

自己負担限度額(月額)

外来
(個人ごと)

外来+入院
(世帯単位)

現役並み所得者

57,600円

80,100円+(医療費-267,000円)×1%
(過去12ヶ月に4回以上該当した場合の4回目以降 44,400円) ※1

一般

14,000円※2

57,600円(4回目以降 44,400円) ※1

低所得※3

II

8,000円※2

24,600円

I

15,000円

※1過去12か月以内に外来+入院(世帯単位)の限度額を超えた支給が4回以上あった場合、4回目以降は44,400円です。
※2 年間上限額は144,000円です。
※3低所得I・IIの人は「限度額適用・標準負担額減額認定証」を病院に提示する必要があります。町民課町民福祉班にて申請してください。

〇高額療養費の計算例

 計算例…平成29年11月診療分、所得区分 一般の場合 
 70歳未満の方が入院して、医療費が100万円だった場合、
 自己負担限度額は、80,100円+(1,000,000円-267,000円)×1%=87,430円
 高額療養費の額は、自己負担分30万円-限度額87,430=212,570円となります。

医療費総額100万円

自己負担分3割(30万円)

保険適用分7割(70万円)

限度額
87,430円

高額療養費
212,570円

↑入院の際に、限度額適用認定証を提示すれば、窓口での支払いは87,430円になります。
ご注意:入院時の「食事代」や「居住費」、保険がきかない「先進医療にかかる費用」や「差額ベッド代」などは高額療養費の計算には含めません。

ページトップへ

このページに関する情報
このページに関するお問合せ
町民課 町民生活班
〒017-0292
秋田県鹿角郡小坂町小坂字上谷地41-1
電話:0186-29-3928
FAX:0186-29-3728