色合い 色合い:標準 色合い:黒 色合い:黄 色合い:青
日本語 英語 組織から探す

文字のサイズ 文字のサイズ:小 文字のサイズ:中 文字のサイズ:大 文字のサイズ:特大

平安~江戸

小坂町の郷土史(平安~江戸)

年代(西暦) 事                           項
弘仁2年(811)

新山堂(いまの出羽神社)が創建されたと言われているが、神社由緒には
「創立年月日不詳ナレトモ元和9年5月中是川右京進再建・・・」とあり、創立年月日を元和9年5月としている。

元慶2年(878)

鹿角の名が「上津野」として、初めて史書(三代實録)に登場する。

建久2年(1191)

南部藩祖光行、糠部に入国(12/28説)。
同じ頃、鹿角の四天士と呼ばれる成田・安保(阿保)・奈良・秋本の四氏鹿角郡に赴任。南北朝の争乱を境に、南部氏の支配下にはいる。
これとは別に、野尻(野沢)・草木・牛馬長根の三郷士がいた。
長者久保・牛馬長根方面に、三郷士の一人「牛馬長根越後」の支配地があったという。四天士のもとに、郷土にあったといわれる「館」は、次の七館。
 大地・小坂・荒川・濁川・砂子沢・高清水・芦名沢

永禄10年(1567)

摺臼野神社(いまの川上神社)建立。

永禄年中
(1558~1569)

鴇(勝善平)に駒形神社建立。

天正17年(1589)

大浦(津軽)為信独立。津軽藩祖となる。郷土は、津軽・秋田両藩との藩境に位置することになった。

天正19年(1591)

九戸政実の乱。敗れた落人が郷土にも多数潜伏したといわれる。

慶長3年(1598)

万谷に駒形神社建立。

慶長15年(1610)

鏡得寺建立。

元和9年(1623)

新山堂(いまの出羽神社)建立。

寛永3年(1626)

大地に薬師神社建立。
高清水に八幡神社建立。

寛永5年(1628)

野口に大雷神社建立。
長沢に山神神社建立。

寛永16年(1639)

大地で、南部・秋田藩士によって「キリシタン山狩り事件」が起こる。

寛永17年(1640)

荒川に諏訪神社建立。

慶安2年(1649)

鳥越に駒形神社建立。

慶安3年(1650)

万養寺建立。

万治年中
(1658~1660)

万谷に愛宕・八幡の両神社建立。

万治3年(1660)

大地に大原神社建立。

寛文年中
(1661~1672)

荒川に白石神社建立。
大生手に八幡神社建立。

寛文2年(1662)

熊坂に稲荷神社建立。
荒川に熊野・稲荷の両神社建立。

寛文5年(1665)

万谷の与右衛門によって鉛山鉱山発見。

寛文6年(1666)

十和田鉱山(俗にいう銀山)発見。

延宝5年(1677)

南部・秋田境界紛争が幕府の裁定によって解決。
(郷土の関係する袈裟掛付近は、「弥左エ門畑」の存在によって有利となる。)

延宝6年(1678)

鴇鉱山発見。

天和年中
(1681~1683)

上小坂に稲荷神社建立。
横道(古苦竹)に駒形神社建立。

貞享年中
(1684~1687)

岩沢に八幡神社建立。
上小坂に伊勢神社建立。

元禄3年(1690)

牛島長根に稲荷神社建立。

元禄8年(1695)

大飢饉(南部藩四大飢饉の一)。

宝永2年(1705)

長土路に稲荷神社建立。

正徳3年(1713)

藤原に七滝神社建立。

享保18年(1733)

雨池に雷神社建立。

享保20年(1735)

南部領内三三代官区となり、郷土は「毛馬内通」に属す。

宝暦5年(1755)

大飢饉(南部藩四大飢饉の一)。

安永9年(1780)

判明する最古の民戸数。小坂地区227、七滝地区375

天明3年(1783)

大飢饉(南部藩四大飢饉の一)。
この年の飢饉は特にひどく、南部領内の餓死者4万850人、疫死2万3848人である。

寛政2年(1790)

高山彦九郎、来満峠を越えて鹿角へ入る(北行日記)。

寛政9年(1797)

毛馬内通に知行所重税反対の一揆起こる。

文化4年(1807)

菅江真澄、郷土を旅す(十曲湖)。

文政4年(1821)

下斗米秀之進(相馬大作)津軽藩主襲撃。小坂村肝入小笠原半右衛門家に逗留して間道調査や、計画を練ったという。

文政12年(1829)

小坂村農民熊谷多左衛門小坂鉱山を発見するも、鉛山と誤認され、杉原鉛山と称したが長続きせず。

天保年中
(1830~1843)

大稲坪に稲荷神社建立。
細越に山神社建立。

天保9年(1838)

大飢饉(南部藩四大飢饉の一)。

嘉永2年(1849)

松浦武四郎郷土を旅す(鹿角日誌)。

文久元年(1861)

小坂村農民小林興作、小坂鉱山(8/15)・相内鉱山発見。上小坂の小笠原甚左衛門らの協力を得て稼行する。

慶応2年(1866)

大島高任小坂鉱山を調査(4/9到着)。
南部藩に「希有の良山」と報告。

慶応3年(1867)

慶応3年(1867) 南部藩が大島高任に小坂鉱山の開発を命じる(1/17)。
藩営小坂鉱山に大島高任赴任、本格的な開発計画を立てる。

慶応2~4年
(1866~1868)

小坂鉱山山神社建立。

慶応4年(1868)

戍辰の役。南部勢秋田領へ侵入(8/9)。小坂鉱山の開発は中断し、荒廃に帰す。
郷土も、新沢口と濁川口に兵力の配備があり、戦争を経験する。





 

ページトップへ

このページに関する情報
このページに関するお問合せ
小坂町役場
〒017-0292
秋田県鹿角郡小坂町小坂字上谷地41-1
電話:0186-29-3901
FAX:0186-29-5481