ディーゼルカー(キハ2101) 小坂町役場

色合い 色合い:標準 色合い:黒 色合い:黄 色合い:青
日本語 英語 組織から探す

文字のサイズ 文字のサイズ:小 文字のサイズ:中 文字のサイズ:大 文字のサイズ:特大

ディーゼルカー(キハ2101)

           キハ2101移設作業(1)       キハ2101移設作業(2)
      ▲キハ2101移設作業(1)                                  ▲キハ2101移設作業(2)

小坂鉄道は、鉱山の発展とともに増大した物資等の運搬のため、明治41年(1908)に専用鉄道として小坂~大館間が開通し、翌年から小坂鉄道株式会社として開業。平成6年(1994)まで旅客列車が運行されました。

昭和37年(1962)、小坂線の改軌完成に伴いディーゼルカーが使用されることになり、「キハ2101」はその1号機として製造されました。その後、多くの町民、観光客らの足として活躍。同63年(1988)に他の車輌がワンマンカー用として改造運行される中、無改造のまま引退し、のち町が小坂製錬(株)から譲り受けました。

この「キハ2101」は、当時国鉄(現JR)で使用されていたものよりも優れていたと言われています。その特徴として、台車部分に空気バネとコイルバネが装備され、乗り心地が良かったこと、室内灯に蛍光灯が使用されていたこと、出入り口(車輌の床面)とホームの高さが同じであったため、乗降がとても楽だったことです。普通列車にこのような技術・装備がされていたのは珍しいことです。

平成26年(2014)2月まで「キハ2101」は小坂町立総合博物館郷土館の屋外展示場で展示されていましたが、同年3月に小坂鉄道レールパーク開設準備に伴って、同施設に移設されました。

現在修復中のため公開展示はしていましせん。

ページトップへ

このページに関する情報
このページに関するお問合せ
総合博物館「郷土館」
〒017-0201
秋田県鹿角郡小坂町小坂字中前田48-1
電話:0186-29-4726
FAX:0186-29-2207